こそあどの思考を流すメルマガ

グレンラガン 兄貴カミナの名言「自分を信じるな。お前を信じる俺を信じろ」

バナー
Pocket

タイトルは天元突破グレンラガンに出てくるセリフです。

最初にシモンがロボットに乗るシーンに出てきて

これ名言だなーと思いました。

自分を信じるな。お前を信じる俺を信じろ。

これ僕も言われたことがあった気がしたんですよね。

最初って自信がないと思うんですよ。

ていうかないんですよ。

あってもいいけど、別になくてもいいというか。

むしろ何を信じるんだ?

自分の過去の実績?

富士山登れたとか、そういうのも確かに色々な時に自信になる。

でも、できる気がしないこともやっぱり出てくる。

でも自分が信じられなくていい。

僕は知識を信じて、それを教えてくれる人を信じただけです。

ある時期、

僕も自分なんかにできるんだろうか? 

Youtubeに動画をあげて集客なんてできるんだろうか?

記事書いてアクセスくるんだろうか?

そんなことで少しの間うつっぽくなりました。

本当の意味で人生に恐怖し、何があるわけでもないのに涙しました。

これうつ経験者ならわかるかな。

最初なんて、信じられるものはないに決まっている。

自分に何もないのなら自分の何を信じる?

信じられるのは、自分の可能性ぐらいだ。

結局、導いてくれる人間が信用に値するのか?

これを見極めてついていくしかない。

できない自分を信じるよりも、根拠がある。

それに最初は信じていようがいまいがミスをします。

けど、

料理なら味見をして軌道修正するのに

動画なら、あげてダメなら「あーやっぱりダメなんだ」となってしまう不思議。

失敗は成功のもとと言いますが、

料理だって、調理過程である意味失敗をしているんですよね。

「味付けが薄いな」とかね。

試しに味噌汁を飲んでみたら薄いなあとか。

これも味が薄いから失敗ですよね。

でも味噌入れればいいだけのこと。

全てはテストマーケティングです。

つまり味見です。

やって一発でうまくいく必要性がないんです。

むしろミスができるんだから気楽にやりまくればいい。

何より恐るべきは、何もできないことです。

ネットビジネスの最大のリスクは、リスクがなさすぎることです。

リスクがないが故に、自らリスクを貸してあげるべきなんです。

アメとムチですね。

僕も自分にムチを使うことがあります。

昨日も時間の限りやっては休憩して、やっては休憩していました。

かなり時間の感覚が伸びた1日でした。

すげー疲れますが、1日とは思えませんでしたね。

話が逸れました。

全部味見だと思ってください。

確かに食材や手間が多少無駄になるかもしれない。

でも味見です。研究です。

結果は、求めるほど簡単に手に入らない。

人生何でもそうですけど

見知らぬ暗い洞窟をたった一人で歩いていくような

緊張感と不安があるでしょう。

いつか親元を離れて何か新しいことに触れますからね。

小学校だって、最初に行った時は洞窟みたいなもんでした。

トイレの場所と教室の場所がわからないですから。

大学も、履修登録とか、教室の位置とか、出席の取り方とか

サークルのこととか、課題とか

わけわからなくて、入学した春が一番ストレスフルでしたねえ。

でも、どうせ時代は変化するから、僕らはそれに合わせる必要が出てきます。

その時、自ら選ぶか、選ばされるか。

心理的には大きな違いがありますよね。

人生やらされているマインドになるわけです。

変わるのならば自分から。

その時、自信がなくてOK

自分に信じられるものがないのなら、信じられるわけがない。

だから、信じられるものを信じましょう。

「いいかシモン。自分を信じるな。お前を信じる俺を信じろ」

本当にこれです。

reminDO

======================================

こそあどです。 僕は大学生にして、本せどり、CDせどりで稼いだり
八時間バイトしながら大学通って、 合計で100万円分を超える知識を得て情報発信中です。
 
僕は昔からビジネスのことを学んできたわけでもないし、
話すのも苦手だったし、
文章も『何言ってんのかわからん』と言われてきました。
 
でも結局は手品。
ライティングもマーケティングも 知って、慣れるだけなんですよね。

 
以下では、僕の学んできた考え方をシェアする
メールマガジンに登録できます。
 
ビジネス関係なく、
趣味で実際に会って雑談する系コミュニティへの案内も
たまにあるかもしれません。

空メール登録もできます