せどりとは

1 - せどりとは
Pocket

せどりとは

 
ここを読むと、次のことがわかります
 ・せどりの実態
 ・簡単な手順
 ・やる必要性はあるのか
 
 
 

せどりとは、いわゆる『転売のこと』だと知った時、僕は正直困惑しました。

 
当時の僕にとって、転売はあまりよろしくない行為という印象でした。
 
買い占めによる逮捕者も出ているし、
当然してはならないこと……。
 
 
 
とも言っていられない状況になり、
初めて目を向けたわけですが、
 
割と大したことはありませんでした。
 
 
 
 

結局、印象は印象で、やれば大したことがない。

 
 
 
 
 
転売とは、右から左へ持ってくること。
貿易や、小売店のしていることと同じです。
 
 
 
 
 
6 1 - せどりとは
 
転売も、実は『価値提供』だから稼げるのです。
お客の手が届く範囲に、商品を持っていくという、価値を提供する。
 
 
 
 
 
 
店舗にしかないレアな商品を、ネット上で買える状態にする。
 
 
 
 
 

「いや、利益抜いてるじゃん」

と思うかもしれませんが、利益抜かない店はありません。
 
 
 
5 1 - せどりとは
ラーメン屋とか丼飯屋のたまごは、原価の割に高いですし、
ハンバーガー屋の、ポテトもソフトドリンクも利益率が高い。
 
 
 
相手は、値段に納得してお金を払うので問題ありません。
当たり前ですが、会社は株主のために利益を上げることが目的です。
 
 
価値を提供していれば、基本的にとやかく言われる筋合いはない。。
 
 
 
 
 

……言われる筋合いはないが。

2 - せどりとは
 
正直、迷惑行為になっている人が多い
 
 
「俺せどりしてますんで、どいてくれます?」
「これもっと安くしてください」
「せどりなめんな!」
 
 
 
自己中心的な人たちが、自分のためにしていること。
という印象が強くなる理由です。
 
 
 
 
 

せどり自体が問題なのではなく、

せどりによる害が問題なのです。
 
 
 
ただ仕入れて売るのではなく、
店を荒らして売るという状況に陥っている。
 
 

ブックオフでは規制が進んでいるのです。

せどりと言えばブックオフという感じなので、多くの人がブックオフを荒らすのです。
 
 
 

せどりをやる人たちは、基本的にお金に困ったサラリーマン。

 
彼らは余裕がないのか、ストレスがたまっているのか知りませんが、気をつけて欲しいと思いますね。
 
 
 
7 1 - せどりとは
 
仕入先はビジネスパートナーですよ。
 
 
 
 
 

他に問題とされるのは、チケットの買い占め。

あれは迷惑行為です。
 
販売者以外に得をしない。
 
 
 

アフィリエイトでもそうですが、

役に立ちましょう。
 
 
嫌われることは続きません。
 
お小遣い稼ぎという甘すぎる認識ですが、
副業も業務です。
 
 
 
 
 
 

せどりの、メリットとは何なのか

 
 
まず、上司がいないことですね。
そして行う時間も場所も自由なこと。
さらに、やることは『売れるものを買うだけ』
 
 
3 1 - せどりとは
 
ライバルは、その店にやってくる人のみ。
ネット上と違って、ライバルが相当少ないわけです。
 
だから、最初にやるとしたらせどりはライバルに勝ちやすい
 
 

初めるのは学生のバイト代でも十分足ります

実際、僕は大学一年の時、3万円から始めました。
 
 
 
 
 
 
だから、サラリーマンでもできるし、オススメされている。
 
 
オマケに、時給にすると中々高い。
 
 
 

仕入れて、拭いて、詰めて、送る。

要はこれだけです。
 
仕入れるのは、主に店舗に出かけました。
中にはヤフオクで買ってアマゾンで売る人もいるなども可能なようです。
 
アマゾンは少し高く、メルカリは若干安い印象ですね。
 
 
 
 
 
 
そして仕入れたら、商品をアルコールなどで拭くと。
拭いたら商品登録する。
 
 

送る過程では、二つを体験しました。

9 2 - せどりとはどのみち、梱包に必要なもの。発送に必要なものはあります。
 
・プリンター
・シールはがし
・テープの類
 
ここら辺は、商材でも買えば詳しく書いてありますね。
 
 
手順を簡単に説明しましょう。

1売れた時、自宅から送る

 
売れた通知をスマホで確認して、
 
ダイソーで買った封筒に本を入れて、
日本郵便の『クリックポスト(全国送料164円)』で送っていました。
 
 
 

2アマゾンの倉庫に予め送る(FBA フルフィルメント・バイ・アマゾン)

 
商品登録の後、商品ラベルというものを印刷しました。
それはアマゾンで買うとついてくるバーコードのシールですね。
 
商品の識別をします。
 
 
ラベルを貼ったら、
スーパーなどに置いてあるダンボール(80サイズ~100サイズ)に、
書籍を詰め込んで、ヤマト運輸のヤマト便で送っていました。
 

FBAとは、

アマゾンから発送するので、売れたら勝手に送ってくれるんですね。

 
その分手数料が高いのですが、
『アマゾンから届く』という信頼性も、スピードもあるので、数百円高く売ることができます。
 
実際、最安値より200円くらいは高くても売れますね
これはアマゾンで書籍を見ればわかるかと思います。
 

まあ、あまり夢は見ないほうがいいでしょう。

8 1 - せどりとは
他のサイトは
 
『100円が15000円に!』
 
 などと煽りますが、ないと考えてください。
 
 
 
 
確かに、高利益な商品もあります。
でも、圧倒的に少ない。あっても、初心者には中々見つけられない。
 

基本は数百円を数百円にすると思ってください。

僕も、500円を1000円にしたところからスタートです。
 
 
それでも、まともな店であれば
時給換算で5000円くらいにはなりますが。
 
 
期待しすぎないこと。きっと絶望するので。
4 1 - せどりとは
 
 
 
 

デメリットについて

 

まず、目立ちやすい。

ライバルなんて見ればわかります。見て、わかるような不自然さです。
 
商品を手にスマホを見ている変な人です。
なぜスマホを見るのかと言うと、それはツールで買うべきかを判断するからですね。
 

中にはバーコードスキャナを使う人もいます。

これはブックオフでは目立ちやすく、規制が広まっています。
 
まあ。ですからね。
とはいえ、僕も持っていましたし、店舗によってはスルーしてもらえます。
 
 
 

次に、楽に稼げるまでマインドが保たない可能性もある。

楽とか、簡単だとか。
ダイエット食品のように語られるわけですが、そんな簡単じゃないのです。
 
 
 

言われたことをやっていただけの僕には、全然できませんでした。

 
 
 
また、保証もありません。
 
「ここでいいのかな?」
「情報は嘘じゃないのかな?」
「俺にもできるのかな?」
 
 

不安になります。

初心者なんて何もかもわからないので、すぐに諦めてしまう。
 
 
 
僕は稼げるらしい場所を全部調べ尽くしてやる、
というマインドになったからこそ成功したと思います。
 
 
オススメは、プロに同行してもらうことですね。
プロと行くとすぐに稼げるようになります。
 
 
でも、プロと行かない人が大半なので、諦める人は多い。
 

そして放置できない労働であること。

僕はよく、足を棒にしました。

さらに、車がないと正直つらい。

仕入れるわけですから、多くの店から、沢山運べた方が儲かるわけです。
 
 
 
地域によってせどりの向き不向きはあります。
(ネットで仕入れてネットで売ることも可能ですが、初心者ほど混乱するでしょう)
 
 
ママチャリで挑んだ僕には、稼ぐという点では向いていないビジネスでした。
多くの人が夢見るようなものではなくて、ただのビジネスです。
 
 
 
 
 

せどりをする最大の意味は、継続力と自信がつくことにある。

1 - せどりとは

すでに話した通り、せどりは大変なことです。

まあ、今思うとそんなでもないんですが、甘えがひどい頃の僕には茨の道でした。

 
 
 
僕はせどりによって、すぐに稼げなくとも作業を継続できるようになりました。
 
 

せどりでさえ続かない人は

 
 
せどりも無理な人は、そもそも何かをまともにできる人なのか?
 
簡単に諦める上に、他人任せ。
自分には問題がないと思っている。
 
 
まずは、マインドから買えるべきですね。
 
 
 
 
 
僕はせどりで、マインドを鍛え、ついでのように稼ぎました。
 
 
 
せどりをするべき人は、次のどちらかに該当する人だけです。
 ・マインドが弱い
 ・使えるお金が無い
 
 
問題ないのであれば、そもそもせどりは必要がない。
 
 
 
いつまでもやるようなものではありません。
ある程度したら、アフィリエイトをするべきだと僕は思っています。
 
 
 
 
 

終わりに

 
 
僕は、せどりをやって、相当成長しました。
 
一番大きいのが、やればできるという確信を得たこと
 
 
 
 
ビジネスをやっていて思うのは、本当に大変だなということです。
 
それでもやる価値はありますが、多くの人は『楽に稼ぐ』なんて夢ばかり見ているので、
あっさり挫折します。
 
 
だからライバルに勝ちやすい。
やればできるんです。やれば。
 

同じことは、勉強でも言えます。

 
世の中には『才能がねえ』とすぐに諦める学生が多いですから、
そういう人らに勝てばいいだけ。
 
 
せどりは初心者をやめる練習ですね。
 
 
 

何となくやってみたい、なんてレベルなら

間違いなくやめた方がいいでしょう。

教材なんて買っても無駄にするだけですし、悲しみばかりが増える。
 
 

本気でやるのか、全くやらないのか。

どっちかにしなければ、人生、無駄ばかり生じますよ。
 
 
 
 
このブログでは散々書いてるのでぜひ読んで欲しいんですが、
人生を本気で生きている人が少ない。
 
 
 
去年までの僕は本当に甘えながら生きていましたし、
ゲームばかりやっていました。
 
 

何が楽しかったのかわからないんですよね。正直。

生きたいのではなく死にたくないだけ。
 
 
 
やりたいことはない。命令されて生きているのが楽。
 
 
 
そんな人間でした。
 
 
でも、頭を使う側に回ると毎日が楽しくなりました
体を動かすのと同じで、快い疲れと、充実感がありますね。
 
 
僕は今、非常に生きたい。
将来が明るくなったし、やりたいことが色々と湧いてきます。
 
 
 
 
 

多くの人にないものはやる気です。変えようという気がない。

 
「変われば、いいよね」みたいなマインドですと、ダイエットさえ上手くいきません。
 
 
 

ツールも先生も、教科書も学校も、全てはオマケですよ

自分の今を変えることは、自分にしかできない。
 
 
僕らのためになるものは、自分で引き寄せるしかない。
 
 
 
 
 
 
 
文句を言うより先に、現状を打破する方法を考えましょう。
文句を言っても変わらないからです。
 
 
 
誰も助けてくれませんので。
 
 
 
 

思考を変えないと、いつまでも今の人生だと思ってください。

そのやる気が出せない人に、どうして今を変えられるのか。
 
 
 
 
稼ぐことは難しいし、辛いことです。
価値を提供するからお金がもらえるんですよ。
 
 
お金は湧いてきません。払うのは人です。
 
 
 
 
 
 

そういう人が見るべきものは

せどりのやり方マニュアルではなく、松岡修造さんの動画ですよ。
 
 
 
 
自分の人生の責任は、自分しか取れません。
 
 
 
 
 

やり方を学ぶ前に、やり方を活かせるマインドを作りましょう。

自己啓発というやつです。

 

 

 

ネットビジネス アフィリエイトについて中学生でもわかる記事(重要記事)

アフィリエイトとは?(簡易版)