千本桜の歌詞の意味不明さと、知的好奇心

Pocket

好きなBGMまとめてみました。音が大きいので注意
=========================================
=========================================
こんにちは。こそあどです。
 
黒うさPが作詞作曲した『千本桜』は
見たことはあると思います。

(再生できます)
 
 
初音ミクをこれで知る人も割といたんじゃないでしょうか?
 
 
で、僕がこれを聞いた時に
「おおおおお!」と興奮した覚えがあります。
 
いわゆる鳥肌物ですよね。
実際に鳥肌立つのは中々ないと思います。
 
この最終話で流れてそうな感動的な感じが一回でハマりましたね。
飽きが中々来ないのも珍しい曲です。
 
けど、
歌詞を聞いても、意味がわからないんですよね。
 
「意味がわからない俺が変なのかー?」と思いながらググると
みんなわからんという。
 

興味が湧いた時に、人はググる(より知る)んですね。

つまり、人が動くんですよ。
 
 
いきなり
「千本桜 歌詞 意味」とググる人はいない。
 
けど、聞いた後にすごいハマる。
僕も一回聞いた後に、かなり好きになりました。
 
だからこそ、わからないことを知りたくなる。
 
 
その点で、好きな異性と千本桜は一緒ですね。
もっと知りたい。
 
これは戦車でも戦艦でも同じですね。
 
可愛いなーと艦これとかしてると、
知らぬ間にミリオタに近づいていったりもする。
 
 
 
好きなものがわからないと、知りたいという欲求につながって
知りたいから知ろうとする。
 
知りたいと思わなければ、知らないまま。
 
 
 
 
これいきなり歴史を学べというのと同じですよね。
日本に興味がなければ知りたくはないわけです。
 
 
僕は、
オランダについて多少調べたのですが、
オランダにはキレイな水の都があるからなんですよね。
 
アルステルダムとか、ギートホールンとか、ロッテルダム。
 
 
 
この景色があるオランダとは、どういう国なのか?
 
 
そもそも、
水の都にも興味がなかったのですが、
 
ARIAを見てたら舞台の元になっている。
イタリアのヴェネツィアが、
やたらと気になってくるんですね。
 
 
 
ヴェネツィアも水の都ですね。
 
アドリア海の女王とも言われますが、
ここ以外にも水の都あるのかなーと思って色々調べてました。
 
 
 
ARIA
→ヴェネツィア
→水の都
→アルステルダム・ロッテルダム・ギートホールン
→それらの都市があるオランダ
→オランダの生活
→オランダの歴史
 
こんな感じで興味が移動してましたね。
 
まずは興味を持たせるのが大事。
これができないと、そもそも話を聞いてくれない。
 
ということは、
話を聞いてくれないあらゆる状況において
この基本ができていないということになります。
 
 
千本桜が、もし微妙な曲名だったら
全然見られてなかったでしょう。
 
そしたら歌詞の意味も当然気になることはない。
 
サッカーの解説は、サッカーを見る人にだけ価値がある。
解説 = 何がすごいのか教えること = 言葉で、さらに魅力を引き出す
 
バスガイドさんが「右手に見えますのは〜」と観光名所の歴史を語るのと
サッカーの解説は同じですね。
 

日本酒は、中々飲みたくないという人が多い。

日本酒も、
ネーミングによるイメージの問題もあるかなと思います。
 
なんか、イメージがおっさんぽい。
 
 
しかも江戸時代
「きちがい水」という謎の呼び方されてるそうで
 
なにその、やばそうな飲料って感じですよね。
 
表現だけで日本酒のイメージ変わりますよ。
物は言いようです。
 
 
 
日本酒の銘柄一覧とか見てて
 
「これは日本神話の神様かよ」みたいな、とっつきにくいイメージ。
 
 
漢字ばっかりで怖いしめんどくさいイメージがある。
 
 
実際はお米から作った飲み物に過ぎないのに、
イメージだけは先行します。
 
知らない世界は怖い。
これは何でもそうなのですよねー。
 
 
 
海外だとMoonstoneという日本酒があるみたいですね。
ムーンストーンと横文字にするだけで
結構イメージは変わりますね。
 
中身も、意味さえ同じだとしても、
『月乃石』と『moonstone』は結構違いますよね。
 
 
若者が普段触れているワードを使ってあげないと
「私には関係なさそう」と感じる。
 
 
 
言葉から想像できる範囲なんてたかが知れている。
 
ハイパーノヴァと聞くと
なんかカッコいい技? みたいなイメージになる。
 
実際は極超新星爆発という、天体の最後なのですが
イメージは変わるもんです。
 
ノヴァも、ハイパーも、普段見慣れてるから
イメージが軽くなっていくというか。
 
 
「〜完全対応!」とか書かれてるアイテムも見かけますが、
完全対応って、要は対応してるだけなんですよね。
 
何が完全なのかわからないけど、
なんか凄そう感が出るわけですね。
 
 
僕もボーカロイドと聞くと、
一部のオタクが大好き! というイメージがあったのですが、
 
見てみると普通によいという。
 
ナイトコアやユーロビート、ダブステップといった
音楽もありますが、避けていました。
 
これも聞いたら慣れる。
 
 
ボカロの声だって、最初は微妙でも
聞いてると好きになっていくんですよね。
 
 
 
 
 
テストだって受けるから答えが気になるわけで。
 
中途半端に気になる状態は、
知りたい = 好奇心による学習意欲につながったりしますね。

千本桜やカゲロウプロジェクトの小説が売れるっていうのも 理由の一つは、もっと知りたいからですよね。

 
 
好奇心以外だと、
学んで人生をよくしたい欲求とか
学ばないと人生きつくなる恐怖とか
 
色々ありますが、
「〜県の歴史!」みたいな情報は好奇心を作らないとですよね。
 
さらに心を動かしたら、動かし続けないといけない。
忘れられたらそこで終わりです。
 
 
 
僕は千本桜をアラームにしてるので
こうなると忘れないし、
 
千本桜関連の話を
今、こうして書いたりすることにもつながる。
 
 
知ってほしいことがあるなら、まずは好きにさせてから。
 
そのためにも、まずは見せないといけないので、
イメージ戦略は大事です。
服装が汚かったら、誰も話聞こうとしてくれないですしね。
 
そもそも見られてなくない?
ってそんな感じで、随筆してみた。
 
 
人間は誰しも勉強が大好きです。
知的好奇心があるから。
 
ミステリーの謎を解きたいのは、
答えを知りたいからですよね。
 
別にミステリー小説の答えを知ったところで
人生が好転するわけでもないけど、
でも知りたいと人は知ろうとする。
 
 
ですが、
学校の勉強は嫌いなのです。
あれはつまらないものを、つまらないように学んでるから。
 
何の意味があろうか? と思いながらなので
学ぶ楽しさ・興味深さを感じてないし主体的に学ぶわけがない。
 
だからこそ、
先生は面白く「解説」できると価値があるんですよね。

 

 

これも結局、

学ぶべきだからとかではなく、

学びたいからに落ち着きますね。

 

もし地球温暖化対策をして欲しいなら、どう考える?



=======================================


中学生まで



_(┐「ε:)_< 神よ、お助け〜




高校生



( ´_ゝ`) 将来? 興味ないね



∩(´;ヮ;`)∩あ”あ”あ”あ”!!?



大学生



( ^ω^)祈る効果なさすぎワロタ
 諦⊂





( ^ω^)今まで諦めてたじゃろ
⊃) (⊂





( ^ω^)これを
≡⊃⊂≡




( ^ω^)こうして
⊃ .. ⊂

‘∵‘:’;



( ^ω^)三( ^ω^)動いて




\\٩( ^ω^)و //

こうなった件


自信作 無気力だった時期からの脱却

無気力レポート

https://www.evernote.com/l/AdLZySpvBLhK36iZ9tkipwBiIGCwsZ8ErBk=======================================