リゼロの主人公に共感したシーンたち

Pocket

こんにちは、こそあどです。
最近『Re:ゼロから始める異世界生活』を見ました。
 
実は2016年の放送直後にも見てたんですけど
起業してからだと
マジで見え方が変わってた。
 
 
ってことでシェアです。
ネタバレ注意。
 
 
この作品はいわゆるループものでして、
何度も主人公が死にます。
 
死んで繰り返して、変わっていく感じ。
 
最初のナツキスバルは、
ニートのような生活をしてたキャラで
何もやってなかった。
 
 
ある日異世界に行って、
何もできないけどそれなりに頑張って、
でも口先だけは優秀みたいなポジション。
 
何もできないということは自覚があったけど、
ナツキスバルはプライドが高い。
 
過ちを中々認められなかった。
素直に謝れない。
 
それを認めざるを得なくなって、
18話くらいで
 
「俺は俺のことが大嫌いだよ・・・」
とダメな自分を認めた。
 
ここでレムがいたから立ち直れたわけですね。
 
そういえば、
凹んでる時は支えてくれる人がいると
ストレスへの抵抗力が上がるっぽいです。
 
 
それはともかく
そこから、反発してた騎士にも素直に謝るし
共闘して敵を倒したりもする。
 
 
 
まあ全体的にはそんな行動をするキャラなんですよ。
 
 
リゼロは、
主人公の葛藤が度々あるんですよ。
 
そういう本音は、
魅力が上がってるなあと感じましたね。
 
 
もちろん、
セリフがラノベ的だし好き嫌いはあるけど
個人的には好感が持てるキャラ。
 
というか、そう見えるようになりました。
 
 
 
高校の頃は、
僕がそもそもクソのような性格をしていたので
 
ナツキスバルの変化も
「あー。まあ。変わったんだなあ」ぐらいの認識
 
 
同族嫌悪的な
距離感保って見てるような感じというか。
 
自分には関係がないような認識。
 
いわば、頑張ってるクラスメイトを見て
「あー、意識高いなこいつ」みたいな評論家みたいな感じ。
 
 
けど、僕自身が自分ダメだな。
 
変わらねえとという経験をしたので、
このナツキスバルの変化前はマジで耳が痛い。
 
 
ここまでじゃないかもしれないけど、
やっぱりプライド高かった。
 
これわかりすぎて、見てられない。
 
 
 
エミリアに向けて
「俺のおかげで何とかなって来ただろ」というシーンも、
ぶっちゃけ共感できるのです。
 
 
実際、ナツキスバルと同じ境遇に立ったら
そう思いたくなるんじゃないかな。
 
 
殺されて恨まれてでも、
エミリアのために頑張ったのに
誰にもわかってもらえないという葛藤。
 
誰にもわかってもらえない……。
話そうとしても、魔女が心臓を掴みに来る。
 
 
「なんでわかってくれないの!」
って言う人は現実でも多いですよね。
 
この孤独感と無力感。
理想は高いけど、能力は低い。
 
 
 
で、ヴィルヘルムさんという剣の達人のじいさんと
稽古をするんですが
 
「俺は大丈夫だ」
「頑張っているってポーズをとっている」
 
っていうことを見抜かれていたりする。
何かやっているという言い訳をしたいやつ。
 
 
そして、逃げようとするわけですよね。
 
廃人のフリをしてみたり、
異国にレムを連れて逃げようとしたり。
 
死んでも死んでも終わらないのは、
無限地獄にもなり得るってことですしね。
 
何回頑張っても、救いたい人はみんな死んで、自分も殺される。
死んだらまた、それを繰り返す。
 
 
 
ナツキスバルは、
あまり
カッコいいと思われるキャラクターではないかもしれません。
 
ボコボコにされるし、
言動は2chで叩かれるものだし。
 
 
けど、
改めて見てみると、
自分ダメだなと認めて謝っていけるのは、
カッコいいと思うんですよね
 
 
あの生々しい人間らしさというか
ダメダメな部分も、
「うざい」とか批判されるかもしれない。
 
 
でも、
自分ならあれほど頑張れないと思うわけですよ。
 
死ぬような環境から離れて、
いくら好きな女子のためとはいえ、
見捨ててしまう気がする。
 
 
オノで切られ、ナイフで刺され、
好きな人とすれ違い、
呪いをかけられ、腕が吹っ飛び、
仲間だと思っていた相手に殺され、
事情を話せないことで勘違いされ『絶対殺してやる』とまで言われ、
大切な人を何度繰り返しても殺され、無力を思い知らされる。
 
こう書いてみるとマジで過酷ですよ。
普通うつ病になりませんか?
 
 
 
レムが殺されて
スバルに疑いがかかるシーンがありますよね。
 
あの時の言いたいけど言えない。
なのにラムの『絶対殺してやる!』って叫ばれる。
 
もう見てて特に辛いシーンでしたね。
あれは悔しいし、悲しい。
 
というか普通に恐怖でした。
「俺がなんかしたかよ!」っていう感じだったでしょうね。
 
 
 
 
そんな状況で、ダメダメになっても
そこからの変化に、魅力が生まれてると思うわけです。
 
 
恨んでいる相手も、実際に死んでも助けに行くって
モチベが異常です。
 
結果的にだけど、諦めないという姿勢はすごいですよ。
 
 
 
世の中の、みんな諦めがちだと思うんですよ。
「どうせこんなもんでしょ?」っていう。
 
どうせ稼げない。
どうせやせない。
どうせモテない。
どうせ自分はバカだ。
どうせ手遅れだ。
どうせ何も変わりはしない。
 
 
 
確かに、ナツキスバルの行動は
アニメの中の出来事ではあるんだけど
 
この現実でも、
やってやると決めたことを貫くことはできますよね。
 
自分には無理というのは言い訳でしかない。
 
 
 
 
 
 
現実にもカッコいい大人、いくらでもいますよね。
 
聞いた話ですが
50代のおっちゃんが、20代の起業家に
頭を下げたりする。。。
 
これもプライドがあったらできませんよね。
「そうか。君は才能があるんだね」とか言ってしまうんじゃないか。
 
これも、評論家みたいな感じですね。
斜に構えて、自分とは関係がないという言い訳。
 
 
 
 
 
だからこそ
傷ついてでも、乗り越えようとする姿勢は見てて憧れます。
自分も認めつつはあるんだけど、まだまだプライドを感じてしまう。
 
 
まだまだだなと思った。
 
 
 
一緒に逃げようと、レムに提案する回はぐっさり刺さる言葉が多かったな。
 
 
レムのセリフにも感動しちゃったしな。
あんなふうに、愛される存在になりたいもんです。
 
 
 
 
 
 
と、見え方が変わったよーという話なんですけど
 
新たな見え方って大事だなと感じました。
見えるようになったことで、気づきがあるわけですよ。
 
分析できるようになる。
毎日の生活で活用できるようにもなる。
 
 
 
例えば、人を動かす視点を持つと
恋愛、子育て、説得、教育……。
 
こういうものの共通点も見えてきます。
 
 
 
僕自身も感動したり、
興味なかったのに大好きになったりするわけです。
 
 

 
======================================= 

中学生まで

_(┐「ε:)_< 神よ、お助け〜

 

高校生の時
( ´_ゝ`)将来? 友人? 興味ないね 
 
 
∩(´;ヮ;`)∩あ”あ”あ”あ”!!? 

 

大学生になった頃

( ^ω^)祈る効果なさすぎワロタ
神⊂


 

 
( ^ω^)ここに神があるじゃろ
⊃)神 (⊂




( ^ω^)これを
≡⊃⊂≡


 

( ^ω^)こうして
⊃ .. ⊂

‘∵‘:’;

 

( ^ω^)三( ^ω^)動いたら

 

 
\\٩( ^ω^)و //

こうなった件
=======================================
reminDO

======================================

こそあどです。
僕はずっと自分のやりたいことが見えないまま生きていました。

大学一年生の夏前までくすぶった時、
僕はビジネスの世界と、
億を稼いだ起業家たちと出会って

思考やマインドセット、知識という武器を得て
今は厳しいけど楽しく上を目指しています。


以下では、
ブログには書けないことも含め、
僕が彼らから学んできた考え方を
リアルタイムにシェアする
メールマガジンに登録できます。

 


趣味で実際に会って話す系コミュニティへの案内も
不定期で行いますので、ぜひ受け取ってください。


空メールだけで登録したい勢よ