こそあどの思考を流すメルマガ

価格差ができる理由

バナー
Pocket

いくつか理由はあります。

Amazon内でも、
販売者が発送するものと
Amazonが発送するもの(プライム商品、FBA在庫)
では価格が異なります。
理由は、安心やスピードなどです。

ブックオフの単Cは、『トコロテン』という
値下げされた品も混じります。
つまり単Cは、毎日が『在庫処分セール』状態ではないかと思っています。

本せどりの、メインターゲットはその値下げ品です。日々値下げが行われます。
大量に買う店ほど、スペース確保のために値下げもするでしょう。
(地方の小型店舗はあまり美味しくない気がしました。ライバルは少ないし、レア本もたまにありますが)

もちろん、元からAmazon価格が低いものも沢山あります。Amazonでは全く売れないものもあります。

しかし、店舗ではそういう200円の本も売れるでしょう。
理由は、
1『レビュー』などを気にしない。
2Amazonでは埋もれているが、店舗では目につく
など。

だから、ある程度は売れるので、
新しい本が入る余地が、発生し続ける。

中には、全然売れないな(笑)という本もあります。
古い漢検の本とか、買う人いませんよね。

それに関しても、何かしら対応はしていると思います。 売れないもの置いたままでは仕方ないので。

店員さんが協力的なら、まだまだ稼ぐ余地はあります。
Amazonの全ての本が『1円+送料』ではないでしょう?

流石に、これから先ずっと本せどりで稼ぎ続けるのはオススメしませんが、
軍資金ぐらいは作れるかと思います。

見つからないのは、単純にサーチ不足が原因だと思って下さい。
一冊調べて「あーダメだ」
一段調べて「もうないだろう」
は早すぎます。

サーチ不足になる原因は、周囲の目が大きいかと思います。

PS
難しいはずなのに、楽にできるものは怪しいです。
でも、ある程度は楽というものならあるわけです。ある程度は楽と言っても、必ず苦労は伴いますし。

ブックオフに行ってみれば、山程本がありますよね。
調べ尽くすくらいの意気がない人は
『一日30分』に引っかかる精神のままです。

必要なのだと理解してください。
変わるのが恐ろしいなら、諦めてください。
PSS
本せどりが稼げる理由は、こういう風なものです。
稼げるものには、稼げるだけの理由が必ずあります。

『ねずみ講』と『紹介制度』をごっちゃに考えるとか、
普通に生きている人にとっては、まっとうな仕事でも、怪しく感じられます。

(実際アフィリエイトも怪しいものを販売する、怪しい人いますけど)

ネットビジネスにも、違いがあることを理解して下さい。

「これだから~は」
というような、偏見なのです。

reminDO

======================================

こそあどです。 僕は大学生にして、本せどり、CDせどりで稼いだり
八時間バイトしながら大学通って、 合計で100万円分を超える知識を得て情報発信中です。
 
僕は昔からビジネスのことを学んできたわけでもないし、
話すのも苦手だったし、
文章も『何言ってんのかわからん』と言われてきました。
 
でも結局は手品。
ライティングもマーケティングも 知って、慣れるだけなんですよね。

 
以下では、僕の学んできた考え方をシェアする
メールマガジンに登録できます。
 
ビジネス関係なく、
趣味で実際に会って雑談する系コミュニティへの案内も
たまにあるかもしれません。

空メール登録もできます