こそあどの思考を流すメルマガ

何もしないのが最悪。才能あろうが努力する。

バナー
Pocket

人は、最初からはできない。
最初から上手い人はいない。
 
 
そんな記事です。
 
 
 
 
 
 
 
 

赤ん坊は「ぶーぶー」「わんわん」と言っている

 
文章になっていない言葉を発して、
日本語を得ようと頑張ってるわけですよ。
 
だから日本語話せるわけですよ。
 
 
 
そこまでは、勝手に習得できるでしょう。
けど、そこから先は、勝手にやってくれないのです。
 
 

だからこそ、自ら挑んでいく必要がある。

 
 
何のために挑むのかと言えば、大切な時に、失敗しないため。
 
 
 
 
 

練習なんてものは失敗が大前提。

 
データを集めて、理解をするために失敗をしなければならない。
 
最後に上手くいくなら、過程はどうであれ、さほど問題ない。
 
 
 
 
 

いきなりテニスをやって上手くデキる人もいる

 
 
けど、それは他のスポーツをやっていたとか、応用しているだけでしょう。
 
 
 
 
 
 

やらないことが最悪。

 
やらないというのは、怠けているということ。
 
 
 
何かを習得するときには、
まずは続けなければ、そこまでが無駄になってしまう。
 
 
 
 
 
 
 

逃げる勇気というのは

 
もちろん、本当に向いていないと思ったらやめるべき。
 
ロスカット的な。
 
でも、ロスカットは、最後に笑うためのロスカットなのだから、いつまでも逃げててはいけない。
 
 
 
 
 
 
 

効率も考えること

 
前にも話したとおり、「とりあえずやる」というのは大事だけど、
「とりあえずやる」状態で停滞してはいけない。
 
 
 
 
 
 

終わりに

 
いかに頭の回転が速かろうと、
知識が0なら凡才にも負けてしまうでしょう。
 
 
 
 
 

そもそも

 
人間というだけでも
知能が他の生物よりは高いはずです。
 
 
カラスの知能と人間の知能は、
比べ物になりません。
 
 
 
 

しかし、

 
カラスはゴミを漁ってでも
生き残ろうとしてますね。
 
 
 
知能が低い動物たちが必死なのに
知能が高い人間が後ろ向きというのも妙な話です。
 
 
 
 

何のための知能なんだ。

 
 
 
人間というだけでも、
異次元なくらいに優遇されていると言えます。
 
特に現代日本は治安もよい(と思う)。
 
 
 
図書館もあって、ネットもあって、ブックオフもある。
やる気を出して、知能を活用すればいいのです。
 
 
 
 
 
 
 

気づいていないだけ

 
相当羨まれるものを備えているでしょう。
 
 
ただ、もっと格上が多いだけ。
できる実感が湧いていないだけ。
 
 
 
 
 
月に100万放置で稼げたら天才かと言うと、
そうではない。
 
 
 
ただやるべきことをやったら
到達できる程度なのです。
 
 
100倍も千倍も1万倍も10万倍います。
月収100万の10万倍がいるのです。
 
 
 
Amazon.comのCEO ジェフ・ベゾス氏なんかは
10兆円以上の資産を持っているそうです。
 
 
文字通り、桁が違います。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
人間とは、
サラリーマンから見た月収100万の人のようなものでしょう。
 
 
 
エンジンがかかっていないだけ。
 
 
reminDO

======================================

こそあどです。 僕は大学生にして、本せどり、CDせどりで稼いだり
八時間バイトしながら大学通って、 合計で100万円分を超える知識を得て情報発信中です。
 
僕は昔からビジネスのことを学んできたわけでもないし、
話すのも苦手だったし、
文章も『何言ってんのかわからん』と言われてきました。
 
でも結局は手品。
ライティングもマーケティングも 知って、慣れるだけなんですよね。

 
以下では、僕の学んできた考え方をシェアする
メールマガジンに登録できます。
 
ビジネス関係なく、
趣味で実際に会って雑談する系コミュニティへの案内も
たまにあるかもしれません。

空メール登録もできます