こそあどの思考を流すメルマガ

時給を上げないこと

バナー
Pocket

あなたが、人生を自ら決めていくために、
非常に重要なことです。

自由を手に入れる上で必要なゴールを
明確にしておきましょうというテーマで書いています。

自由になりたい人がよく勘違いすること。
自由になるには、多くの場合お金持ちになることが想像されると思います。

お金さえあれば買いたいものは買えるし、
ケチケチ生きる必要はありませんしね。

宝くじを買うか、
そうでなければ、多くの人は次のようなことをします。

資格を取るとか、転職するとか。

転職すれば職場の関係も改善されるかもしれないし、
労働時間も大きく減らせる可能性がありますよね。

または英語とか、プログラミングとかのスキル獲得ですね。

これからの時代、テクノロジーが発展していきますし、
社会はどんどん便利になります。

便利になると、ツールやロボットが人間の代わりに仕事をします。

スーパーは無人レジを導入しますし、
Amazonの倉庫でもロボットが荷物を運んでいます。

ソフトバンクの孫正義さんも、
大量のロボットを導入する模様ですね。

便利になることは、その分の職が失われる。

なるほど。

スキルがない人は雇われづらくなってしまうでしょう。

今日は、『だからどうした』という話です。

サラリーマンがどうしてお金をいただけるのか、ご存知ですか?
それは価値を提供しているからです。

価値を提供するにはどうするかと言えば、
何かを誰かに売ることです。

「え、私は何も売ってないよ?」

そうでしょうか。
サラリーマンは会社に2つのものを販売していますよ。

それは『時間』と『労働力』です。

アルバイターはこれらを、
一時間辺り1000円ぐらいで販売しています。

あなたは会社にとっての『お手伝いさん』なのです。

実は、『時間』と『労働力』を売る人に自由はありません。

人は、価値になるものを売り続けなければ
生きていけないでしょう。
(よほど高額な商品でもない限り)

そのため、売り続けながら自由にならなければならないのです。

「時給が50円上がった!」
「給料が5万円増えた!」

時給は、時給です……。

あなたの給料がいくら増えたところで、
残念ながら小金持ち以上にはなれません。

例えば、時給1000円のアルバイターは、
24時間働いても年間300万円を稼げません。

8時間までだとしたら100万円未満です。

あなたの時給が10倍の10000円まで上げられていても、
年間1000万未満ですね。

もちろん、1000万は多い方だと思いますし、
日常生活も、サラリーマン全体で見れば豊かな方でしょう。

しかし、彼らは仕事をやめることはできません。

受験競争に時間を費やし、
仕事のために定年まで40年ほど働き続け、
時給はよくても3万になるかどうか。

働けなくなったらそこまでです。
もちろん、リストラや倒産だけではなく、
うつ病や莫大なストレス。
病気や災害も考えられます。

総理大臣でさえ年収5000万ですから。
働き続けなければいけません。

働き続けるということは、4つの自由を差し出す行為です。

4つの自由

……金銭的自由
……時間的自由
……身体的自由
……精神的自由

差し出すのですから、あなたはこれらを失います。
現状は、4つの不自由に囲まれているのです。

世の中には寝ていてもお金を稼いでしまう人がいます。

「うさんくさ!」

そう感じるフレーズですよね。

しかし、インターネットによって自動化は容易になっていますし、
ありえないことでもないんですね。

Amazonも自動的な要素がいっぱいですよね。
電子書籍とかは自動で提供されていますよね。

自由になるためには、
働かない収入源を持つ必要があります。

豊かな暮らしをしたいのであれば、
時給を高めるために資格を取るなんてするよりも、
不労所得を手に入れる方が、楽な上に現実的です。

働かなくとも稼げるようになれば、
あなたの4つの不自由は自由に代わります。

口座残高を気にすることもなく、旅行や娯楽もできますし、
やりたい仕事があれば、それに集中できます。

時間の制限もありませんから、あなたの集中を邪魔するものはありません。
人がいない時間帯や時期にも出かけられますから、
渋滞という無駄な時間さえも削減できますね。

渋滞に巻き込まれないし、面倒な人と関わることもないため、
あなたの心はストレスフリー。
自由に生きている人は、
同年代のサラリーマンよりも若く見えるそうですよ。

給料を増やすより、こちらの方が早いし簡単なんですよね。

弁護士になるための勉強は山ほどあるし、
東大生になるための勉強も1年以上はかかるでしょう。

でも、1年以内に月100万稼ぐ人は少なくありません。

まとめましょう。

時給を上げようとして、資格を取ったり、転職したりする人はいます。

けれども、出世を目指して努力した人が
若くして自由になったことはありません。

社員に働かせる、ツールに働かせる、不動産に働かせる、お金に働かせる(株式投資)

不自由な小金持ちになることが目標であれば、
サラリーマンを続けても構いません。

でも、自由になりたいのであれば
今すぐ給料を上げる努力をやめてください。

あなたの人生を決めるのはあなたのはずです。

その努力を、不労所得を作ることに使うべきです。

多くの人はゴールを誤っています。
サラリーマンである限り自由はありません。

reminDO

======================================

僕は大学生にして、本せどり、CDせどりで稼ぎました。
今は情報発信がメインです。
 
僕は昔からビジネスのことを学んできたわけでもないし、
話すのも苦手だったし、
文章も『何言ってんのかわからん』と言われてきました。
 
でも結局は手品。
知って、慣れるだけなんですよね。
そのためには考え方を鍛えなければなりません。
 
以下では、僕の学んできた考え方をシェアする
メールマガジンに登録できます。
 
口語体で僕のストーリーや限定コンテンツが流れてきます

空メール登録もできます