せどりでCDを売ったら10万儲かった話

Pocket

こんにちは。こそあどです。

 

 

この記事は僕がネットでビジネスを始めてから
最初に稼いだ時の話と

 

その後CDを売って10万以上儲かった話を

振り返ってお話しします

 

 

当時は、だらっと生きてましたが、

 

この経験から始まって

今では日常から学べるような毎日になれたんですよね。

秋葉原で得てきた高単価とリピートのヒント(割と重要)

 

 

 

CDで利益10万円

これは僕がネットビジネスと出会って
半年ぐらいの話です。

 

僕はネットビジネスで収入がない時期に
買っては売って
初月は2万円くらいは売り上げを出していました。

 

当時のバイト代3万円を全部突っ込んで

合計すると20万円くらいは本の仕入れに使って
倍以上回収したかなと。

このくらいなら信憑性もあるかと思います。

 

ですが、
時には時給5000円超えとか、
300円が8000円になったりとかもありました。

 

これが、ビジネスを始めると得られるメリットですよね。

 

CDで10万が、

どういう経緯だったかお話ししていきましょう。

 

 

=====以下ストーリー===============

僕はビジネスを知った時、

どんなビジネスをしたらいいのかわからなかった。

 

聞きなれない単語が散らばっていた。

PPC? アフィリ? サイト? ドロップシッピング?」

 

 

そんな頃、当時読んでいたブログの管理人が

「せどりで最初は儲けたよ」と言っているのを見つける。

 

せどり? 平仮名で、せどりだった。
もちろん聞きなれない単語。

 

ググるとつまりは転売の別名みたいなものらしかった。

ていうか転売だった。

 

人によっては、それで100万の利益を毎月あげていた。

本が主な取引アイテムらしい。

 

僕はせどりについて、
色々調べた。

 

当時、僕は18歳。

大学一年生の後期が始まってすぐだった。

 

 

 

 

 

 

見ていくと、せどりは初心者には向いているそうで、

非常に簡単なことが特徴だそうだ。

 

せどりは、
小売店から買って
自分がインターネットで売るビジネス、らしい。

 

「けどこれ、利益出るの? 店がネットに流せばいいんじゃないの?」

と思った。

 

しかし、
多くの小売店にはわからないという。

 

どんな説明を聞いても、僕は納得することができなかった。

納得できないけど、
僕はせどりに希望を見出していた。

 

 

せどりで何をやるのか、手順を一通りネットで把握した。

 

やっぱり意味不明だったので

「ええい!」と

とりあえずはスマホだけ持って古本屋に出かけた。

 

 

その時大学に入ってから、
始めて近くにブックオフがあると知った。

 

初の知らない世界への冒険みたいだった。

ワクワクした。

 

しかしブックオフに入ると、

一般のお客が意外といて僕は緊張した。

 

 

とりあえずスマホのせどり用アプリを立ち上げたが、

何を調べたらいいのかわからない。

 

とにかくマンガを調べてみたり、
単行本を調べてみたり

 

興味があるものから色々と調べていった。

 

するとしばらくしてから、

200円の本なのに
800円くらいで売れるものがあった。

 

200円の単行本コーナーだった。

スマホを画面を見て僕は目を疑った。

 

あれ?

なんでこれ200円で置いてあるんだ?

この古本屋、値付けミスってるのか?

 

 

もう後は買ってAmazonに出品するだけだったと思う。

本当に簡単だった。

 

 

基本的には、

バーコードリーダーでバーコードを読んで
「せどりすと」とか

Amacode」というツールでチェックする。

 

 

モノレートというサイトで波を打っているほど
売れるものらしい。

mnrate.com/

 

さっき手に取った本は、
とりあえずギザギザしていたが、10万位くらいだった。

 

それでもAmazonの700万冊ある本の中では
ランキング上位らしい。

 

20万位くらいまでは数日もあれば売れてしまうそうだが、

その日は

「20万位でランキング上位って本当かよ?」と

疑わしく、ビビっていた。

 

真実を確かめるために、

少しだけ買って、出してみようと思った。

ネット上のブックオフからも仕入れた。

 

まず5000円ぐらい仕入れた。

 

僕は5000円なのに、
貴重なバイト代が吹っ飛ぶリスクに恐怖していた。

 

5000円もあれば、外食が10回もできるよ・・・。

 

その頃の僕はコンビニにも数ヶ月入れず

昼飯は抜くか家で食べていた。

 

BMIは15くらいで治験も受けられない。

体重は50キロに届いていなかった。

 

外食には、めったに手が届かなかった。

周りの学生が羨ましくて仕方がなかった。

 

うまそうにカレーなりミートソースなりを食べて

休み時間ものんびり過ごしている。

 

バイトなら自分もしてるのに、

なんだこの差は、と思うこともあった。

 

 

だけど、とりあえずその気分は無視した。

5000円は捨てるつもりで、半信半疑で仕入れた。

 

 

辞書とか、単行本や画集などを買った。

 

今思うと売れるに決まってるんだけど
辞書とかで稼げるイメージがないので、
本当に不安でした。

 

 

あー・・・初バイト代が消えていく。。。

 

クレジットカードも怖がっていて
デビットカードで決済していました。

 

デビットカードすら初めてだったのです笑

 

今思えばポイントもつくし、
明らかにクレジットカードの方がお得なのですが、

 

「デビットカードはすげえぞ!0.25%戻ってくる!」

とか周りに宣伝してました。

 

完全に情報弱者でした。

 

そんなデビットカードは買った時に口座から引かれるので

どんどん減っていく口座残高。

 

 

もしダメだったら大学生活を無駄にしてしまう

前期は楽しかったサークルも参加せず、

授業よりもビジネスを優先していた。

 

 

さっさと回収せねばと焦って

仕入れたものも出品し、

家にある数冊の本も出品していった。

 

 

最初は調べながら、1つずつ手順を踏んでいく。
石橋を叩いて砕くくらいに、ミスをしないように気をつけた。

 

せどり系のブログを見ながら、

バーコードとかラベルとか、説明をじっくり読まないと
変なところに届いてしまうかもとビビっていた。

 

しかも
日本郵便で送る方法も、ヤマト郵便で送る方法も
まだ知らなかった。

 

なんとか
伝票の書き方までググって、伝票のサンプル画像とかみながら

 

「えっと、送り先はここで」とか

ミスらないように1文字ずつ丁寧に書いた。

 

普段やらないことをやると、

大抵書き間違えるのだけど、なんとかなった。

郵便局の人に取りに来てもらった。

 

 

「何か指摘されないかな。ミスはないはずだけど」
と不安になりながら、段ボールを受け渡す。

その後もドキドキしながら、
Amazonの倉庫まで納品されたかを頻繁にチェックしました。

 

1時間おきくらいに再読み込みしていたけど、

しばらくして落ち着いて、

 

これからのことを妄想していた。

月に何万も稼げたらパソコンをMacに変えられるし

高いカメラも変えるし

iPad proも変える。

 

欲しいものリストを書き出して、

 

それに飽きてきたら

せどり系のブログを読みまくりながら
「こんなせどりもあるのか。本よりいいのかな?」

とか迷いながら待機する。

 

もう、せどりのことしか調べてない。

「食料品せどり」だの「ジェーソン」や「ドンキ」は稼げるだの調べては

 

稼いでウッヒョーいとしてる自分を妄想していた。

僕の焦燥感はとりあえずおさまった。

 

 

ここまでは正直、誰にでもできると思った。
言われたとおりにやっただけ。簡単。

 

 

 

そして3日ぐらいが過ぎた。
小田原あたりの倉庫に届いて、商品が反映された。

 

きたー!Amazonに自分の名前があるやんけ!

 

かなり興奮してた。

「自分もこっち側に来たんだな」とか脳内でカッコつけ始める。

 

でも本当に売れるのかと不安は残っていた。
売れる気がしない。

 

こんな本買う人いるのかな?

というか今日は売れないよな。

 

そんな気持ちで無駄に期待しないようにいたけれど、

 

画面! 更新せずにはいられないッ!

 

 

晩飯を食い、風呂を出て、

そろそろ寝ようかと思い始めた頃にも更新した。

 

すると売れていた。

なんとその日のうちに4000円くらい売れた。

もうすでに結構な割合売れたよ。

 

ぽかーんというか、
え?

えっえっつええええっっっっっっう

ぇっっっうぇああええっっ

 

みたいなテンションになる。

 

届いたその日に売れたのが辞書だから驚いた笑

これは500円の利益だったけど、
それすら信じられなかった。

 

あんな適当な仕入れと配送だけだぞ。。。。

売り上げのグラフが伸びているのだから、売れたのは間違いない。

「ああ、こういう世界は本当にあるんだ。あ!? 勝ったぁぁぁぁっ」

と興奮していました。
500円の段階でも謎の大勝利。

 

 

 

一連の流れを把握してしまえば、もう後は楽だった。

 

流れを知っててて、

稼げるイメージがついてくるともう止まらない。

 

 

味をしめた僕は、
バーコードリーダー(7000円くらい)を導入して、
アンドロイド(4000円)と格安SIM(月額500円)も導入して、
有料のせどり仕入れツール(月額1万円)も導入する。

 

とにかくスピーディに大量に仕入れようと思い
古本屋の全ての本を調べるくらいに調べまくる。

 

本があれば家でも調べたし

人がいない本屋でも調べた。

 

ていうか水筒からキンチョールから

何から何まで調べていました。

 

 

1つの棚で500冊くらいありましたが、

バーコードリーダーがあれば5分くらいで終わりました。

 

ちゃっちゃか読み尽くして、10棚くらいはやっていく。

そして昼休みにせどりをしていたので、

終わり次第チャリで荷物を置いて学校に戻る笑

 

 

ホームセンターでも調べました。
猫のエサまで売れるらしくて驚いた。

店という店の全てが宝の山に見えた。

 

でも、1つの店の中でも全然儲からないエリアもある。
エリアというかジャンル。

 

例えばマンガは単体では売れないことを知らなかった。
確かに、マンガはセットでしか買わないな。

そういうことも、調べながら把握していった。
1000も2000も調べた。

 

 

しかし全然売り上げが伸びない日もあって、

僕は結構凹んでいた。

 

 

色々なせどり系教材やツールに、儲けを放り込んで
10万くらい普通に飛んだ。

 

どうせ10万なら回収できるよな〜と思えていた。

この時点ですでに半年。

 

マインドはだいぶ変化してたけど、

売り上げは伸び悩んできていた。

 

新たな情報を探していたのは、

不安になってきたからです。

 

「やはり100万とか儲かるのは嘘なのか?」

「いや、でも5万くらいなら売れてはいる・・・」

 

せどりに慣れてきた頃、だからこその不安。

 

 

せどり自体は可能だとわかったけど、
それでも爆発的に儲かるビジョンはない。

 

そろそろ違うことをしないと思っていた時、
僕はCDに出会います。

 

 

CDせどりを始めた時

 

僕はCDせどりが稼げるらしいという情報を得て

とにかく言われたことを素直にやってみることにした。

 

 

古本屋のCDコーナーやらにいくと

聞いたこともないアーティストのCDばかりです。

 

韓国アイドル? のCDとか、
merry go round というグループのCDもあった。

それらが360円で売られている。

 

で、Amazonを見ると

10000円とかで売られている。

もちろん、それで売れている。

 

300円が10000円???

 

しかもCDだぞ?

今時CDだぞ?

 

なんだこれ・・・。

 

僕は何度か調べて、
なお不安になっていました。

 

何が不安かって、
当時のAmazonではCDが売れなかったんですよね。

 

だからメルカリで売るしかない。
メルカリでも、Amazonの値段で売れるのか?

ええい。とりあえず仕入れてしまえ!
ダメでも360円だ!

 

ここで僕はついに魔法のアイテムを使い始める。
クレジットカードだ。

僕はこのサイトを経由してクレカを量産した。
クレカ作るだけでも僕は10万くらいは稼いだ。

 

母親にも面倒がらたけど、20分の手間で1万くらい稼がせた。

もちろん無料です。
意外と知らない人多いので載せておきます。

 

その買うを、もっとハッピーに。|ハピタス

 

話を戻して

僕は毎日7時30分からバイトを4時間した後、

500個くらいのCDを調べに
3時間くらい店にいる日々を過ごした。

 

足がパンパンだった。

もう超疲れた。眠くて家に帰ったら寝てた。
朝7時に家を出たのに、昼過ぎに帰る春休みだった。

 

僕はCDの背表紙を覚えまくった。

覚えろと教材には書いてあった。
最初は「無理だろ!」と反発していたが、他に裏技はないらしい。

 

結局、見て覚えまくった。
少しずつ無駄なサーチに時間がとられなくなった。

 

嵐やAKBのような有名グループは、レア度が下がり安くなってしまうとか

そういうことが少しずつ見えて行った。

 

もはや戦略も何もない。

 

 

 

徹底的にやり尽くすのは、やっぱり重要だった。

 

完全に気合でしかない。
何度も何度も調べて回るだけ。

 

今度はあらゆる店のCDを調べ尽くす計画を立て、

2018年の3月を迎えた。

 

CDなんで割れないように気をつけながら
狭いアパートの部屋に積み重ねていった。

CDがタワー状に床に置かれていった。
それでも邪魔なので、出品しまくる。

 

これで意味不明な利益率の儲けが出ました。
一度仕入れたら、あとは放置で売り上げを待つだけだった。

 

楽しかった。
毎日メルカリとAmazonを見るのが楽しかった。

 

クレカは、結構な利用額になっていたはずだけど
もはや気にならなくなった。

それよりも振り込まれる額は多かった。

 

とにかく毎日店に通っていった。

1日500枚調べても、
iPhoneのバッテリーが100から0になるまで調べても、
1つの店を調べるのに一週間はかかった。

 

バーコードがないものは型番の手入力だった。
TCDAとか、AVCDとかから始まるやつ。

おかげで、
今でも僕のiPhone

UPCH」とか「AVCD」とか「WPCL」とか

そういう文字をすぐ出してくれる笑

 

ガンガン仕入れて、CDフィーバーだった。

 

儲かって、お金が増えて、また仕入れて儲かっていく。

 

僕がせどりをやめるまでに、
ブックオフのポイントは2200を超えて
クレカでついたポイントも数千普通についていた。

 

僕はためたお金で教材を買って、
どんどん見える世界を拡大していった。

 

何よりあらたな世界が見えたおかげで

僕は稼げる世界が実在すると見えたし、

諦めないでやってこれた。

 

当時はビジネスの基本もわからなかったけれど、

 

原理原則から勉強し、

 

中小企業や飲食店にも

アドバイスできそうな知識が身についていった。

========================

 

 

こんな感じでした。

もちろんCDとの出会いはラッキーだったのかもしれません。

 

確かに、運がよかったのです。

なぜなら、運はよくなっていったからです。

 

ミスったよりも試して進んだ方が上だった。
確率を上げて、後はひたすらチャンスに向き合う。

 

それだけ。

難しいことはしていません。

ゴールが見えない作業をいつまでもやるのは
僕もきつかった。

 

 

僕はせどり系ツールも色々試して失敗したし、

ゲームソフトもPS4用とPS3用をミスって、
2000円くらい損をしたこともあります。

 

でも書籍だって3000円の売り上げのものもあるし
猫の餌とかだって売れることもあります。

 

運を拾う絶対量が多いから、運がよく見えるだけです。

 

 

僕が諦めずにブログを書いたりできたのは

利益を出していたからだと思います。

 

すぐに利益が出るからモチベも出ます。

買って売ったらすぐ500円出る。

 

その500円が、
僕にはとても印象的でした。

今でも覚えてるほどです。

 

雇われて稼ぐ500円は簡単です。
でも、その500円は独立して稼いだお金でした。

 

怪しいと言われる世界で、
初めて稼いだお金でした。

この喜びは忘れられません。

 

やはり、どんな起業家でも最初の利益は別だそうです。

途中の1000000より、
最初の1000円ですよね。

 

初めてだからこそ、
僕の世界が変わった瞬間だからこそ覚えていたのです。

利益が出ていない方も、伸び悩んでいる方も、
短期集中でやってみるのがオススメです。

 

スピードです。

とにかく行動のスピードで、密度を濃く過ごしてみる。

 

動作が速いのではなく、決断と決行を速く。

 

ネットビジネスに限らず
個人事業主や経営者は、誰にも強制されることはありません。

それがメリットであり、デメリットです。

 

やはり周りの結果を出す人を見ていても
コツコツよりもガッツリとやる時期があります。

 

ブログをやるなら、
1日で3万字とか書いてみる。

 

動画なら、
1日で5時間分とってみる

 

 

僕は12時間くらい動画を

見て撮る見て撮るを繰り返してた時期があります。

 

 

最初なんて、コスパが悪くて上等なのです。
徹底的にやっていけば、
質も上がっていきます。

 

でもネットビジネスは、
他のビジネスに比べると圧倒的にコストパフォーマンスはいい方です。

 

一度仕組みを作り上げてしまえば、
いわゆる寝てても100万は可能な世界です。

 

ぜひ知識で武装して、稼ぎましょう。

 

 

言われたことをやっていくというのは、

丁寧に真似ていくということです。

 

 

やってよかったよーと聞いたら、

まずは嘘かもしれないけど少し試してみる。

 

僕も5000円からのスタートでしたしね。

最近も色々と先輩方を真似てます。

 

ビジネスは先輩方がいっーぱいいますからね。

世界中に何百万から何千億まで。

 

とにかく真似て真似て真似て行こうと

今日も記事を書いてて思いました。

 

 

利益が上がってパラダイムシフトが起きれば、

スタートは何でもいいんです。

 

クレカ作って「これで金もらえるとかやばいっすね! 世界観壊れました」

という人も結構います。

こういう人、行動力いいですよね。

 

 

 

起業の世界は、誰にも縛られません。

動ける人なら、どんどん好きなように動いていける。

 

特に情報発信ビジネスは、
色々なことを経験できるし、勉強できるし
趣味がお金になる世界です。

 

せどりからスタートした僕の第二の人生は
どんどん楽しい方向に来ていました。

 

 

そんな最初の物語。

 

 

 

この経験の後もまた悩みまくって、

そしてうつ病っぽくなり、

また復活した話をしました。

 

 


 
======================================= 

中学生まで

_(┐「ε:)_< 神よ、お助け〜

 

高校生の時
( ´_ゝ`)将来? 友人? 興味ないね 
 
 
∩(´;ヮ;`)∩あ”あ”あ”あ”!!? 

 

大学生になった頃

( ^ω^)祈る効果なさすぎワロタ
神⊂


 

 
( ^ω^)ここに神があるじゃろ
⊃)神 (⊂




( ^ω^)これを
≡⊃⊂≡


 

( ^ω^)こうして
⊃ .. ⊂

‘∵‘:’;

 

( ^ω^)三( ^ω^)動いたら

 

 
\\٩( ^ω^)و //

こうなった件
=======================================
reminDO

======================================

こそあどです。
僕はずっと自分のやりたいことが見えないまま生きていました。

大学一年生の夏前までくすぶった時、
僕はビジネスの世界と、
億を稼いだ起業家たちと出会って

思考やマインドセット、知識という武器を得て
今は厳しいけど楽しく上を目指しています。


以下では、
ブログには書けないことも含め、
僕が彼らから学んできた考え方を
リアルタイムにシェアする
メールマガジンに登録できます。

 


趣味で実際に会って話す系コミュニティへの案内も
不定期で行いますので、ぜひ受け取ってください。


空メールだけで登録したい勢よ